• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【分析】中型ビルへの需要は今後も堅調、CBRE

2017/10/11

今後3年間に予定されている新規供給は、高機能な大型オフィスビル(グレードA)が中心で、中型オフィスビル(グレードB)の供給は全体の6%(貸床面積ベース)にとどまる。同じ時期の賃料見通しについては、グレードAオフィスビルが15%程度の下落なに対し、グレードBオフィスビルは6%程度にとどまるとみられる。利回りは、中型ビルの方がプライム物件より50bps程度高いと推定される。売買取引件数を見ても、2012年以降のオフィス売買全体のうち、中型ビルが17%を占め、大型ビル(9%)を上回っている。特に、海外投資家による取得の8割が延べ床面積7000坪未満のビルだ。海外投資家の間ではコアプラス投資への関心が高まっており、今後も中型ビルへの需要は堅調と考えられる。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)