• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【調査】REIT市場が2年ぶりのYoYマイナス、ニッセイ基礎研

2018/02/09

■オフィス市場@2017年通期および第4四半期
 東京オフィス市場は空室率が低下して賃料も緩やかに上昇しているが、Aクラスビルの賃料は高値圏で小幅な動きだ。
■マンション市場@2017年通期および第4四半期
 東京23区の賃貸マンション市場では、賃料は緩やかな上昇が続いている。首都圏の分譲マンション市場は、販売価格が強含むなか新規販売戸数が横ばいで推移。2017年の新設住宅着工戸数はYoY-0.3%、首都圏のマンション新規発売戸数は4年ぶりに増加、中古マンションの成約件数YoY+0.4%だった。
■商業施設・ホテル・物流施設市場@2017年通期および第4四半期
 2017年の訪日外国人客数はYoY+19%の2869万人(2020年4000万人目標)、外国人の延べ宿泊者数は同+13%、旅行消費額は同+18%だった。物流施設市場は、大量供給のあった近畿圏で空室率が大きく上昇している。
■REIT市場@2017年通期および第4四半期
 2017年はYoY-10%と2年ぶりに反落した。年間の物件取得額は約1兆3000億円と拡大ペースが鈍化するなか、物流施設とホテルの割合が拡大した。ニッセイ基礎研究所の「不動産市況アンケート」では、先行きに対する警戒感が2016年より後退する結果だった。

※第4四半期は10月~12月。YoYは前年比

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)