• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【調査】近畿圏と中部圏で対照的な物流施設空室率の動き、CBRE

2018/01/23

■首都圏大規模マルチテナント型物流施設市場@2017年第4四半期
 ▼空室率:4.9%(YoY-1.9ポイント、QoQ-0.9ポイント)※9四半期ぶりの5%未満
  ●東京湾岸:6.2%(YoY-3.6ポイント、QoQ-1.9ポイント)
  ●外環道:1.4%(YoY-2.1ポイント、QoQ-0.5ポイント)
  ●国道16号:2.1%(YoY-5.0ポイント、QoQ+0.2ポイント) ※過去最低値
  ●圏央道:17.8%(YoY+0.9ポイント、QoQ-1.6ポイント)
 ▼坪あたり実質賃料指数:4070円(YoY+50円、QoQ+20円)
  ●東京湾岸:6580円(YoY+290円、QoQ±0円)
  ●外環道:4660円(YoY-10円、QoQ+10円)
  ●国道16号:4040円(YoY+80円、QoQ+30円)
  ●圏央道:3230円(YoY±0円、QoQ+20円)
■近畿圏大規模マルチテナント型物流施設市場@2017年第3四半期
 ▼空室率:19.6%(YoY+8.2ポイント、QoQ+3.9ポイント) ※湾岸部で空室消化せず
 ▼坪あたり実質賃料指数:3500円(YoY-180円、QoQ-50円)
■中部圏大規模マルチテナント型物流施設市場@2017年第3四半期
 ▼空室率:5.4%(YoY+1.8ポイント、QoQ-8.8ポイント) ※想定を超える空室消化
 ▼坪あたり実質賃料指数:3530円(YoY+110円、QoQ±0円)

※第4四半期は10月~12月。YoYは前年同期比、QoQは前期比

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)