駅名が決まった新駅、羽沢横浜国大駅の西谷方ホーム末端部。軌陸車などによる電設工事が進む(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

 相模鉄道(相鉄)本線の西谷駅から分岐し、都心へ直通させる相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線。西谷駅から1つ目の新駅、羽沢横浜国大駅は地下駅となる躯体は完成し、線路の敷設や電気設備の工事などが進む。

 相鉄・JR直通線は、相鉄本線西谷駅から北へ分岐し、2.7km先にあるJR東海道貨物線の横浜羽沢駅付近に延びる新線。羽沢横浜国大駅の先はJR東海道貨物線に合流して都心に向かう。2019年度下期の開業を目指す。

 相鉄・東急直通線は、羽沢横浜国大駅から10km先にある東京急行電鉄(東急)東横線・目黒線の日吉駅に接続させる新線。2022年度下期の開業を目指している。

羽沢横浜国大駅と相鉄・JR直通線(赤色の線)、相鉄・東急直通線(青色の線)の位置(資料:鉄道建設・運輸施設整備支援機構)
[画像のクリックで拡大表示]
羽沢横浜国大駅の屋上付近から都心方面を見る。写真右手がJR東海道貨物線の横浜羽沢駅(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
羽沢横浜国大駅の断面図(資料:鉄道建設・運輸施設整備支援機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 相鉄・JR直通線とと相鉄・東急直通線が分岐する羽沢横浜国大駅は、地下13mに有効長210mのホームを2面置き、エスカレーター4基やエレベーター2基で地上を結ぶ構造。駅舎は2階建てで、北側半分が吹き抜けに、南側が駅務室などになる。2階フロアは駅務関連スペースなどの配置を計画している。

 都市利便増進法により、鉄道・運輸機構が整備を進める相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線。羽沢横浜国大駅を含む工区の土木工事の施工は、鉄建建設・NB建設・紅梅組JVが担当。1月中旬、現場に行くと、開削工法による箱形トンネルのなかで線路敷設工事が、外で駅舎建設工事が見えた。

羽沢横浜国大駅下り線(西谷方面)ホームから都心側を見る(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
建設中の羽沢横浜国大駅舎。写真左側が吹き抜け構造部分(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
羽沢横浜国大駅 エレベーター設置付近(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]