(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 E51東関東自動車道水戸線(東関道)の一部となる鉾田インターチェンジ(IC)─茨城空港北IC間約8.8kmが、2018年2月3日午後3時に開通する。開通に先立って1月14日、開通記念プレイベント「つながっぺウォーク」が開催された。開通前の同区間を歩くことができるイベントだ。

 その北の茨城空港北IC─茨城町ジャンクション(JCT)間は2010年3月に供用開始している。鉾田IC─茨城空港北ICは用地の取得に時間がかかり、計画より約2年遅れた。

 さらにこの先の鉾田IC─潮来ICが供用されると、東関道は全線開通になる。鉾田IC─潮来IC間はNEXCO東日本と国土交通省が共同で事業を進めており、開通時期は現在のところ未定だ。

(資料:NEXCO東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 車線数は暫定2車線(完成4車線)。付加車線および4車線化の必要性などについては今後、交通状況を考慮しながらNEXCO東日本と国土交通省で検討していく。今回の開通区間を含む鉾田IC─茨城町JCTの工事費は約504億円。

 今回のつながっぺウォークは、鉾田市と東関東自動車道水戸線鉾田IC〜茨城空港北IC区間開通記念イベント実行委員会が主催した。鉾田ICから茨城空港北ICまでの本線上、往復約2kmまたは往復約4kmのコースを歩くことができる。茨城空港北ICから鉾田ICへ向かう車道のみが開放された。

 ウォーキングのコースを進む。地域物産展・PR展のブースが並ぶ。

(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 鉾田ICの料金所を通過し、茨城空港北IC方面へ向かう。

(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 開通記念プレイベントのアーチを抜ける。

(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 NEXCO東日本によるブースなどがあり、パトロールカーに乗車できる。

(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]