(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 E83第三京浜道路と首都高速神奈川7号横浜北線が接続する横浜港北ジャンクション(JCT)で2017年(平成29年)12月2日の夜間、第三京浜道路をまたぐ横浜環状北西線の高架橋が架設された。悪天候により日程が4回延期になった末にようやく実現した。

 2017年3月に開通した横浜北線は、首都高速神奈川1号横羽線の生麦JCTと第三京浜道路の横浜港北JCTを結ぶ。横浜北線の延長となる横浜環状北西線が整備されることで、E1東名高速道路の横浜青葉インターチェンジ(IC)ともつながり、神奈川1号横羽線と第三京浜道路、東名高速道路が高速道路だけで行き来できるようになる。

(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 首都高速道路会社は架設工事のため、2日夜10時から翌朝6時までの8時間、第三京浜道路の港北IC─保土ヶ谷IC間の上下線、横浜北線の新横浜入口─横浜港北JCT間の下り線を通行止めにした。

 架設される橋は2層式になる。横浜青葉方面へ向かう下り線の下層桁と、新横浜方面へ向かう上り線の上層桁だ。

(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]