最初のステップ、迂回路が完成

 1日に約7万台が通行している1号羽田線の機能を止めることなく、更新の工事が行われている。迂回路を上り線の横に設置して、2016年2月から段階的に工事が進む。工事に伴い、大井ジャンクション(JCT)の湾岸線から羽田線に接続する区間は通行止めとなっている。

  • ステップ1:上り線の迂回路を設置(現在)
  • ステップ2:従来の上り線を造り替え
  • ステップ3:下り線を造り替え
  • ステップ4:迂回路を撤去
(資料:首都高速道路)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年(平成29年)9月14日午前1時より、上り線は迂回路に切り替わる。

 全体の完成時期は、2026年度(平成38年度)が予定されている。車線は4車線で、幅員を17mから18.2mに拡幅される。

 工事の概要は以下の通り。

  • 工事費(消費税を含む):約912億円
  • 発注者:首都高速道路会社
  • 施工者:大林組・清水建設・三井住友建設・東亜建設工業・青木あすなろ建設・川田工業・東京鉄骨橋梁・MMB(エム・エムブリッジ)・宮地エンジニアリングJV