国道357号東京港トンネルの東行きトンネル(山側)が1月17日に貫通。工事を管轄する国土交通省関東地方整備局川崎国道事務所は2月10日、シールド機が顔を出した到達たて坑内を報道陣に公開した。

台場側の到達たて坑に顔を出したシールド機
(動画:日経コンストラクション)

台場側のたて坑に到達した機体外径12.2mの泥土圧式シールド機(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 国道357号は東京湾岸道路の一部を構成する一般国道だ。同道の東京港トンネルは、臨海部で海を隔てた台場側と大井側を結び、首都高湾岸線の東京港トンネルを挟んで海側と山側に位置する。

国道357号東京港トンネルの位置。海側の西行きは2016年3月に開通した(資料:国土交通省関東地方整備局川崎国道事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

先行して建設された海側の西行きトンネルは、2016年3月26日に供用を開始している。今回貫通したのは、山側の東行きトンネルだ。