2005年3月に4人が死傷した東武伊勢崎線(スカイツリーライン)竹ノ塚駅付近の「開かずの踏切」を解消する連続立体交差事業のうち、下り急行線の高架橋が完成し、5月29日の始発から列車が走った。

竹ノ塚駅南側の「大踏切」。手前の上り急行線を列車が通過した後、奥の高架上の下り急行線を列車が走って行った。ひっきりなしに警報音が鳴り、遮断機が下りる状況はあまり変わりない(動画:日経コンストラクション)
高架化した下り急行線を列車が通る竹ノ塚駅部(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年11月に着工した事業全体のなかで、高架橋への線路移設は初めて。事業の進捗は3割ほどだ。今後、仮設地下通路の掘削工事などを実施したうえで残りの線路の切り替えを繰り返しながら、2020年度に全ての高架化完了を目指す。

連続立体交差工事の手順(資料:足立区、東武鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]