(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 E1東名高速道路とE1A新東名高速道路が接続する御殿場ジャンクション(JCT)では、新東名高速道路を東京方面へ延伸する工事が進められている。2017年(平成29年)11月27日および同月29日の2夜間、新東名の一区間を通行止めにして、新東名をまたぐ橋の架設工事が実施された。

 新東名高速道路は17年現在、御殿場JCTから豊田東JCTの区間が供用中。御殿場JCTから、新東名高速道路の起点となる海老名南JCTまでの区間は、20年度までに段階的な開通が予定されている。

 御殿場JCTから1つ名古屋側の長泉沼津インターチェンジ(IC)の間を両日夜7時から翌朝7時までの12時間、上り線のみ通行止めにして、架設工事を実施した。

(資料:NEXCO中日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は11月27日夜の工事を見に行った。御殿場JCT付近には、駐車場と現場見学の会場が用意されている。新東名高速道路の上り線の高架に沿って歩いて進む。

(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 受付で資料やグッズを受け取る。暖を取るためのストーブや、工事の概要についてのパネルが用意されている。

(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは有料会員の登録が必要です。