国の重要文化財の吊り橋で、アンカレイジ付近の劣化したケーブルを補修する。現在の技術では劣化した部分だけを取り換えられないので、ロッドを追加してケーブルにかかる張力を抑える方法を採用した。本格的な補修は将来の技術開発に託す。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら