調査・設計から維持管理に至るまで、あらゆる段階で三次元データを共有・活用し、建設生産の最適化を図る。国土交通省はそんな理想像を掲げる。しかし、現場には「データを作り込むことが目的化している」との不満がくすぶる。打開策はあるのか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード