久富産業(福井市)が耐震部材の溶接で手抜きをしていた問題で、国土交通省は10月7日、同社製の部材を使って補強工事を実施した92橋のうち、72橋で溶接不良が見つかったと発表した。瑕疵担保責任期間である10年以内であることから、国交省は今後、補強工事を手掛けた元請け会社に補修を求める。

ここからは有料会員の登録が必要です。