国土交通省近畿地方整備局は今年度、若手を育成するため監理技術者に年齢制限を設ける試行工事を、WTO政府調達協定の対象となる予定価格6億円以上の案件に拡大する。若手の登用機会を増やすために規模の小さな工事で若手を優遇する発注者は多いが、WTO対象で試行するのは全国でも初めてとみられる。

ここからは有料会員の登録が必要です。