JR東海は、鋼橋の疲労亀裂の予兆を把握したり、健全性を安価にモニタリングしたりできる装置を開発、実用化した。東海道新幹線の鋼橋に適用し、長期間の計測を続けている。

ここからは有料会員の登録が必要です。