国土交通省は、今年7月の九州北部豪雨後に実施した中小河川の緊急点検を踏まえ、2020年度までの3年間で低コスト水位計の設置や砂防堰堤の整備など事業費3700億円に上る緊急対策を実施する。

ここからは有料会員の登録が必要です。