2016年4月に発生した熊本地震で、大阪大学の秦吉弥准教授(当時は助教)が熊本県益城町で観測したとして発表した地震動のデータに、捏造(ねつぞう)の疑惑が持ち上がっている。観測結果から算出した気象庁計測震度が史上最大とみられる6.9を記録したデータも含まれる。データの観測から疑惑の内容まで、時系列で追っていく。

ここからは有料会員の登録が必要です。