今年7月に大分空港(大分県国東市)の滑走路の一部が最大で6cm隆起した事故は、地盤改良をしていた施工者が注入するモルタルを誤って地盤の浅層部に漏出させたために起こったことが分かった。

ここからは有料会員の登録が必要です。