清水建設は9月8日、東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に向けた工事で、同社を幹事会社とするJV(以下、清水建設JV)の男性所長が下請け会社と共謀して不正取引を行い、少なくとも約3900万円の損害が清水建設に発生したと発表した。

ここからは有料会員の登録が必要です。