沖縄県が識名トンネル(那覇市)整備の際に国から不正受給した補助金を返還した事件で、那覇地裁は県に対し、この工事を担当していた当時の県職員2人に計7180万円の賠償を請求するよう命じる判決を出した。県は控訴を検討している。

ここからは有料会員の登録が必要です。