国交省は今年の出水期から、国が管理する河川内で準備や河道掘削など6つの工種で施工ができるように規制を緩和した。出水期間中の施工を認めることで、工事の平準化を目指す。

ここからは有料会員の登録が必要です。