首都高速道路会社は7月から、点検車両に搭載したカメラの画像を利用して路面の損傷を自動で検出するシステム「インフラパトロール」を導入する。画素数や色情報を間引いて損傷を浮かび上がらせる。

ここからは有料会員の登録が必要です。