阪神高速道路会社は京都大学と共同で、鉄筋コンクリート(RC)床版の下部に設置した加速度センサーで、床版内部の損傷状況を評価する新たな非破壊手法を開発している。

ここからは有料会員の登録が必要です。