日本国土開発と科学情報システムズ(横浜市)は共同で、コンクリートの表層品質を自動評価するシステムを開発した。タブレット端末のカメラでコンクリート表面を撮影し、出来栄えを人工知能(AI)に評価させる。

ここからは有料会員の登録が必要です。