(資料:国際連合、写真:国土交通省四国地方整備局、戸田建設、守谷市、日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

環境への配慮が、企業の負担になるという考えはもう古い。今では多くの企業が、自社の強みを生かした事業を展開して、環境などの社会的な課題を解決するという攻めの姿勢に転じている。建設業界でも再生可能エネルギーを事業化する建設会社や、地方活性化にグリーンインフラを活用する建設コンサルタントなどが現れ始めた。利益をもたらす「持続可能」ビジネスの可能性を追う。

目次

出典:日経コンストラクション、2018年5月14日号 pp.26-27 特集 お金になる「持続可能」
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。