(撮影:鹿島、出所:国土交通省と日本建設業連合会の資料を基に日経コンストラクションが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

建設現場を最先端の工場へ──。施工の自動化は建設業界が何十年も前から抱いてきた夢であり、国土交通省が推進するi-Constructionの理念でもある。建設会社は、やがて訪れる深刻な人手不足の時代に備え、長年の夢の実現に取り組み始めた。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)といった革新的な技術を武器に、現場は工場になれるか。

出典:日経コンストラクション、2018年3月26日号 pp.42-43 特集 建設現場は「工場」になるか
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。