厚生労働省は、山岳トンネル工事の切り羽で岩石が落下する「肌落ち」による労働災害を防ぐため、切り羽を常時監視する専任者の配置や掘削面を小さくする部分断面掘削工法の採用などを施工者に求める。1月18日に「山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドライン」を改正した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら