現実空間の映像に各種の情報を重ねて表示するAR(拡張現実)や、3次元の映像で仮想的な空間をつくり上げるVR(仮想現実)。生産性や安全性の向上のため、建設現場に導入する事例が増えている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら