東京五輪の開催まで1000日を切り、新国立競技場や選手村など、都内では関連施設の建設が佳境を迎えている。それに対して、道路をはじめとした土木系のインフラは整備に時間を要するので、2020年以降も見据えて整備が進む。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!