建設現場では、移動式クレーンによる吊り荷走行や1点吊りは原則的に禁止されている。大阪府吹田市の公道で実施していた下水管の新設工事では、その両方を実施したことがきっかけで、死亡事故にまで発展した。

ここからは有料会員の登録が必要です。