国土交通省は、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)で扱う3次元モデルに付与する寸法や属性情報などの基準を整備する。工種別に検討を進め、橋梁と土工は今年度、トンネルとダム、河川は来年度中にまとめる考えだ。11月5日に公表した「3次元データ利活用方針」の中で明らかにした。

ここからは有料会員の登録が必要です。