日本の新幹線方式を導入するインドのムンバイ―アーメダバード間の高速鉄道の建設で、国際協力機構(JICA)は既存駅の改築や長大橋の架設を含む2つの工区で施工者を選定する。設計段階から施工者の知見を取り入れる発注方式を導入して、難工事に挑む。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら