JR東海は、リニア中央新幹線の南アルプストンネル建設に伴う大井川の流量低下を抑制するため、導水路トンネルの建設に着手した。10月17日に大成建設・佐藤工業・大豊建設JVと建設工事の契約をしたと発表。一方、大井川が流れる静岡県の川勝平太知事は、現状のJR東海の対策では流量低下はゼロにならないとして、県の合意が無いなかでの工事発注に強く反発している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら