治水の歴史とは、事故と失敗に対し、いかに学び、難題を克服できたかの歴史であった──。建設省(現国土交通省)で多くの河川事業に関わってきた著者が、郷土史などの調査を基に日本の治水史をまとめた。古くは中国から伝わった創世神話の治水伝説にまで遡る。風土や文化の歴史的背景を踏まえ、現代までのダムや河川管理の技術を解説する。

ここからは有料会員の登録が必要です。