横浜市内にある12階建ての分譲マンションで、基礎杭の一部が支持層まで打ち込まれていないことが発覚。建て直すことになり、解体工事が2017年4月に始まった。杭は構造物を支える“縁の下の力持ち”だが、目に見えないだけに多くの市民にとってその役割は分かりにくい。杭の挙動やどのような力が作用しているのかを模型で説明する。

ここからは有料会員の登録が必要です。