2017年5月末時点で公表されていた経営事項審査(経審)の完成工事高が、土木一式で30億円以上、舗装で30億円以上、とび・土工・コンクリートで30億円以上、鋼橋上部で20億円以上の各条件に一つでも当てはまる490社にアンケート用紙を送付した。有効回答は155社で回答率は31.6%。調査対象企業の選定に際し、経営状況分析機関のワイズ公共データシステム(長野市)の協力を得た。

ここからは有料会員の登録が必要です。