高松空港の運営権売却(コンセッション)で優先交渉権者に選ばれた三菱地所を代表とするグループが、運営権対価を50億円としていることが明らかになった。国土交通省が8月15日、同グループの提案内容や評価結果を公表した。

ここからは有料会員の登録が必要です。