リニア中央新幹線の南アルプストンネル(延長約25km)で唯一未着工の静岡工区について、地元では交差する大井川の流量確保に不安がくすぶっている。対策の強化を求めている静岡市は7月31日、大井川の流量低下に関して、JR東海の予測よりも厳しい独自の試算結果を公表した。

ここからは有料会員の登録が必要です。