気象庁は4月28日、大雨警報を発表する基準に今年7月上旬から地中への雨水の浸透しやすさなどを反映させ、警報の精度を高めると発表した。過去の大雨の記録を使った検証では、警報の発表基準に達しながら浸水被害が発生しなかった「空振り」が、新基準では約4割減少した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら