水頭にして10m以上の地下水圧を支えていたのは、厚さ2m足らずの薄い難透水性風化岩。トンネル工事の成否を握っていたにもかかわらず、設計や施工時の考慮が不十分だったと、第三者委員会は結論付けた。

ここからは有料会員の登録が必要です。