2017年度技術士第二次試験の受験申込書の受け付けが4月7日に始まる(28日まで)。業務経歴などの事実を記述するわけだが、これが最後の口頭試験の合否を分ける重要なものになる。

ここからは有料会員の登録が必要です。