昨年8月に北海道を襲った一連の台風による豪雨は、過去の水害と比べて人的被害がそれほど大きくなかったものの、今後の河川事業に重要な教訓が詰まっている。浸食されにくい橋台背面の構造や気候変動を考慮した治水計画など、新たな水防災対策が動き始めた。

ここからは有料会員の登録が必要です。