ICT(情報通信技術)の活用メニューのなかで、近年広がりを見せているのがAR(拡張現実)やVR(仮想現実)を施工品質の向上などに役立てる取り組みだ。大手建設会社から地域の中小建設会社まで、様々な導入例が出てきている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら