身体に装着できる電子機器、いわゆる「ウエアラブルデバイス」を建設現場の支援ツールとして用いる機運が高まっています。生体情報を取得するものから作業情報を伝えるものまで、その種類や使い方は様々。最新の事例を紹介しましょう。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら