閉じる

土木のチカラ

日経コンストラクション

目次

  • 「光の球体」で夜の街が一変

    徳島LED(1)アートフェスティバルレポート・前編

    日経コンストラクション4月24日号のコラムでは、LEDを使った景観整備を取り上げた。ウェブでは、景観整備事業と合わせて昨年12月に実施された「徳島LEDアートフェスティバル」の模様をレポートする。日経コンストラクション

  • 橋をアートに変えた「藍」の光

    春日橋LED景観整備(徳島市)

    夜の闇のなか、橋桁から下がったたくさんの光ファイバーが川風を受けて揺らぐ。近くの遊歩道から眺めていた若い女性は、「まるでオーロラみたい」と感嘆の声を上げた。日経コンストラクション

  • 既存の調整池を景観資源に生かす

    柏の葉イノベーションキャンパス「アクアテラス」(千葉県柏市)

    水辺で遊ぶ親子連れの楽しそうな姿─。千葉県柏市のつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」から北に500mほど離れた位置に、2016年11月にオープンした水辺空間「アクアテラス」だ。日経コンストラクション

  • 駅前に生まれた地域の原風景

    虎渓用水広場(岐阜県多治見市)

    多治見市が、対象範囲約11.8ヘクタールの「多治見駅北土地区画整理事業」に着手したのは2000年。虎渓用水広場は元々、この計画で「多目的広場」と位置付けられていた開発案件だ。同年に市は、市民などを交えた「多目的広場ワークショップ」を立ち上げ、広場内に利便施設をつくる案などの検討を重ねてきた。日経コンストラクション

  • 19世紀の産業遺構を生かした公園

    ガスホルダー・パーク(英国ロンドン市)

    英国ロンドン市の中心部に位置する大規模再開発エリアで昨年11月、19世紀半ばの産業遺構を生かしたユニークな公園がオープンした。東西に並ぶ市内有数の2駅、キングスクロス駅とセント・パンクラス国際駅の北側で、リージェント運河沿いに位置する「ガスホルダー・パーク」だ。日経コンストラクション

  • 狭小の公共空間を地域活性の目玉に

    水上公園(福岡市)

    2本の川の合流地点に、船の舳先のように見えるガラス張りの建物。福岡市天神で今年7月に改修を終えてオープンした「水上公園」だ。日経コンストラクション

  • オンタリオ湖岸に新たなメーンストリート

    クイーンズキー・ウエスト通り(カナダ・トロント市)

    カナダ南東部に位置するオンタリオ州の州都、トロント市。オンタリオ湖の北西岸にあるこの地では、2015年6月、湖に接するウオーターフロントで大胆な歩車道再配分を含む街路改修事業が完了した。湖沿いの市道、クイーンズキー・ウエスト通りで、市中心部に近い延長1.7kmの範囲だ。日経コンストラクション

  • 駅前広場を再配分して使いやすさ向上

    牛久駅東口駅前広場(茨城県牛久市)

    東京都心部から電車で1時間ほど。茨城県牛久市にあるJR常磐線牛久駅の東口に、広い歩行者空間を備えた駅前広場が完成した。橋上駅舎の改札を出て東側の階段を降りると、レンガを敷き詰めた明るい広場に続いていく。日経コンストラクション

  • 旧施設も調和する駅前・臨港広場

    三角東港広場(熊本県宇城市)

    JR熊本駅から鹿児島本線を南下し、途中で西に分岐する三角(みすみ)線に入る。その終着駅を降り立つと、広場の向こうに海とそこに浮かぶ島々の姿が見えてきた。広場の外縁部には、シンプルな形状の屋根が通路のカーブに沿って架かっている。その支柱の間からも、周辺の景色がよく見える。日経コンストラクション

  • 「ひな壇」で水辺とまちをつなぐ

    木津川遊歩空間(大阪市西区)

    川沿いの遊歩道を進むと、ひな壇状の構造物が連続する広い空間が現れた。転落防止柵のワイヤ越しに、川面を泳ぐ小魚の群れが見える。大阪府西大阪治水事務所が大阪市西区の木津川左岸に整備中の「木津川遊歩空間」で、この3月に他に先行して供用スタートしたエリアだ。日経コンストラクション

  • 歴史的景観を保って護岸を改修

    耳川河口部立縫地区河川護岸(宮崎県日向市)

    古い町並みを抜けて河口部の漁港に近づくと、その陸側に、ごつごつした自然石の護岸が見えてくる。コンクリート構造の特殊堤(土堤以外の堤防)に前面を石の空積みで修景した河川護岸だ。日経コンストラクション

  • 桜の景勝を残して堤防強化

    宮川桜堤(三重県伊勢市)

    三重県を東西に横断して伊勢湾に注ぐ一級河川の宮川。河口から6~7kmほど上流にある同県伊勢市の右岸に「桜堤」と呼ばれる延長1kmほどの区間がある。堤防と高水敷に約650本の桜が並ぶ名所だ。日経コンストラクション

  • 駅を挟んで東西で役割分担

    西鉄柳川駅周辺地区整備(福岡県柳川市)

    車中心の空間だった駅前広場が、人中心の場へと生まれ変わった。福岡県を南北に縦断する西鉄天神大牟田線の西鉄柳川駅・西口駅前広場だ。橋上駅舎の改札を出て西側の階段を降りると、芝を植えた広い空間が見えてくる。 日経コンストラクション

  • 海への眺望生かして復興した女川駅前空間

    女川駅前レンガみち(宮城県女川町)

    宮城県東部で牡鹿半島の根元に位置する女川町。東日本大震災からの商業復興に当たり、その第一歩として同町が整備したのが歩行者専用道路「レンガみち」を軸にした女川駅前の商業エリアだ。日経コンストラクション

  • 車線を減らし「歩いて回遊するまち」に

    四条通・四条烏丸─四条大橋交差点間(京都市)

    「脱・クルマ中心社会」を掲げる京都市が、約10年をかけて取り組んできた「四条通」の改修事業。その工事が2015年10月に完了した。日経コンストラクション

  • 南北軸結ぶ景観整備でにぎわい再生

    一番町交差点(松山市)

    大通りが分断する人の流れを“リ・デザイン”する──。松山市有数の商業エリア、大街道(おおかいどう)の一番町交差点周辺では、市が国や地元商店街などと協働して景観整備事業を実施。日経コンストラクション

  • 幹線道沿いに出現した不思議な構造物

    アストラムライン新白島駅(広島市)

    広島市の中心部から北に1.5kmほど。国道54号の中央分離ゾーンに、不思議な形をした巨大な構造物が出現した。市中心部と郊外を結ぶ新交通システム、アストラムラインの新駅「新白島駅」だ。日経コンストラクション

  • 産業革命の遺産が通勤路に変身

    ハイブリッジ(米国ニューヨーク市)

    19世紀にニューヨークを全米最大の都市へと発展させた水道橋が、水を供給する役目を終えて約100年ぶりに、歩行者専用橋に生まれ変わった。日経コンストラクション

  • 市中心部で新たに生まれた「明るい森」

    みんなの森 ぎふメディアコスモス(岐阜市)

    JR岐阜駅から北に伸びる金華橋通りを2kmほど行くと、右手に、緑が映える並木の歩行者道が見えてくる。幅30m、延長240mと広々としたこの並木道は、この7月にオープンした岐阜市の複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の外構部を構成する一画だ。日経コンストラクション

  • 土木デザイン図鑑(4)高槻駅前のまちづくり

    JR高槻駅(大阪府高槻市)の北東側には、道路や公園、高架の歩行者占用道路(デッキ)などの公共施設と民間企業の建物が一体化した地区が広がる。2012年3月にまちびらきを迎えた「MUSE(ミューズ)たかつき」だ。日経コンストラクション

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る