山口県が実施した護岸の復旧事業では、敷設した根固め工の設計ミスが指摘された。河川砂防技術基準を理解しないままに設計し、護岸の基礎を洗掘から保護できない構造となっていた。

ここからは有料会員の登録が必要です。