建設・インフラ市場で活用が始まったAI(人工知能)。各社はどんな相手とタッグを組み、何にAIを適用しようとしているのか。インフラ事業を「調査」「計画・設計」「施工」「点検・維持管理」「施設運営」の5つの工程に分類し、用途別にキープレーヤーの取り組みを示した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら