高度経済成長期に造られた高速道路や橋梁、下水道といった社会インフラが当初想定されていた50年という耐用年数を迎えている。

ここからは会員の登録が必要です。