温度応力解析よりも鉄筋の追加の方が確実性があるという理由で、東北地方整備局は追加鉄筋のコストアップを認めました。鉄筋の追加にはそれほど費用がかからないし、誘発目地も不要になります。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら