鴻池組は、AR(拡張現実)技術を生かしたトンネル維持管理システムを開発した。坑内の様子をタブレット端末のカメラで撮影すると、事前に登録しておいたひび割れ展開図などを現場の映像に重ね合わせて表示する。

ここからは有料会員の登録が必要です。